SEMINAR INFORMATION

研究会のお知らせ

開催概要

<本イベントは終了致しました>

英語発音指導士® 研究会

~ヴォーカリストのための体の作り方と英詞発音指導~

 

今年中にもう一度、東京で研究会を開催できることとなりました。

英語発音指導士の安則真実さんが講師を務めて下さいます。

ご一緒に英語の歌の指導について学び、また英語発音指導士同士で交流を深めて参りたいと考えています。

下記をご覧いただき、奮ってご参加ください!

 

♪*:;;;;:*♪*:;;;;:*♪*:;;;:*♪*:;;;;:*♪*:;;;;:*♪*:;;;:*♪*:;;;:*♪

 

開催日時12/15(日)13:15~16:45

会場:東京都渋谷区文化総合センター大和田 学習室7(交通アクセス

定員:先着18

参加費:¥11,000円(消費税込)

※クーポンご利用の方は、お申込みフォームにクーポンコードをご記載下さい。

お申込み受付を終了いたしました。

お振込先

三菱UFJ銀行 大阪営業部

普通 0382463

一般社団法人 国際英語発音協会

※一旦受理した参加料金ならびにそれに付随して発生した手数料の返金は、理由の如何に関わらず一切いたしませんのでご了承ください。

内容:

13:15~:代表挨拶、参加者自己紹介

14:00~16:00:講演(質疑応答込み)

「ヴォーカリストのための体の作り方と英詞発音指導」

講師:安則 真実(CHAKA)

・シンガー&音大講師

・英語発音指導士紹介ページはこちら

16:00~16:45:「長文を読む際の発音指導のコツ」

講師:中西智子(国際英語発音協会代表)

・生徒に効果が出やすい指導法についてのお話

 

♪*:;;;;:*♪*:;;;;:*♪*:;;;:*♪*:;;;;:*♪*:;;;;:*♪*:;;;:*♪*:;;;:*♪

 

講演内容
「ヴォーカリストのための体の作り方と英詞発音指導」

 

英語の歌を素晴らしく歌うには、音楽用語でいうレガートがとても大切ですが、日本のシンガーが英語で歌う時、このレガートがなかなかできなくてあまりいい結果になりません。

 

それは、元々の日本語が持つリズムと英語のリズムが違うことと、日本語は英語ほどリンキングが重要ではないことが原因だと思っています

 

日本語で歌う演歌や歌謡曲やポップスのシンガーでも上手い人は、このレガート感が素晴らしい人が多いです。

 

表情筋の大切さと、どのようにして鍛えればいいか?

(例:多くのシンガーは、かなり有名なジャズシンガーでも、教室を持って教えているシンガーでも、moonと歌っているつもりがmoanになっていたり、boughtなのにboatになってしまったりします。それはひとえに自分の発音を聞く耳と、表情筋が弱いゆえに起きてしまうことです)

 

  • 私がお薦めする6つのポイント

音素、リズム、イントネーション、ピッチ、リンキング、スピード

 

  • そのためのドッグブレス練習:英語にもとても大事です
  • 声がよく出る姿勢
  • ピアノ等なくてもできる、一発発声練習法
  • 会話としての英語発音ではなく、表現としての英詞発音指導

 

講師の皆さんに需要はないこともあるかもしれませんが、私が普段やっていることをお伝えしたいと思います。

 

==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

講師:安則 眞実(CHAKA

英語発音指導士紹介ページ:

https://ept.or.jp/instructors/list/instructor-list-730/

==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==

 

♪*:;;;;:*♪*:;;;;:*♪*:;;;:*♪*:;;;;:*♪*:;;;;:*♪*:;;;:*♪*:;;;:*♪

 

個別カウンセリングのご案内

前回に引き続き多数のリクエストを頂きましたので、

国際英語発音協会代表 中西智子による個別カウンセリングを実施致します。

講演前の下記お時間にて、会場近くのお店でお茶を飲みながらお話させていただきます。

 

<受付を終了いたしました>

体験談

  • 匿名希望(女性)さま

    様々な代の英語発音指導士の方々がご参加されており、情報交換、意見交換を受けて大変良い刺激となりました。

    それぞれバックグラウンド、キャリア、指導年数など異なりますが、皆さん【英語の正しい発音方法を正しく分かりやすく人に伝えていきたい】

    という想いは共通の認識であると感じました。

     

    また、発音指導を行うに当たり、音声学、発音記号、母音、子音などの基礎的知識を身につけると共に、

    どの様にしてこの音楽的、感覚的な事を人に分かりやすく伝えていくべきなのか?という方法を共有したいと感じている方が多いのではと感じました。

    私自身も、大人の方、幼児、小学生に英語指導を行う中で、どの様に伝えたらもっとわかりやすいのか?

    楽しく学んで、身に着けてもらえるか?と疑問が日々生じます。

     

    研究会では、実際に行って良かった成功事例や、「この長文、この単語、このスピーチはどの様に指導しますか?」

    といった具体的なテーマでアイデア共有をして参りたいと強く感じました。

     

    また、皆さまと共有したいと考えます情報は、私も発信して参りたいと考えております。

    引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。

  • 匿名希望(女性)さま

    9/1の英語発音指導士の研究会に久しぶりに参加したところ、

    随分新しい方がふえておいででした。

     

    既に発音を生かしたお仕事をされていて指導士になった方々からは

    惜しみなく情報を提供して頂けました。

    指導士の資格を得たもののまだそれを生かした仕事をされてない方々にとって大変刺激になったと思います。

    ちなみに私は後者です。

     

    発音検定というものを見つけたものの、PC苦手な私にはオンラインでの受験はハードルが高かったので、リアルで受けようと思っていましたが、日程が合わず見送っていました。

    今度はいつかな?とたまたま調べた時、指導士育成講座のことを知り、まさに私にうってつけ!と喜んで一期生?になったものの、実際に指導側になることを考えると、胸がざわざわとし、なかなか行動に踏み出せないうちに、二年以上経ってしまいました。

     

    お金のブロック、人間関係のブロック、教えるのが久しぶりなど、私の場合、根深いメンタルブロックがあったようです。

    それらを解放する学びをして、今、解放できつつあり、こういう指導士仲間の会があるなら、なんでも一人で抱え込まず、わからない時は相談すればいいわ、という考えに至りました。

     

    一年以上お会いしていない中西先生がいつも以上の笑顔で再会を喜んでくださったのが、私にとっても大きな喜びでした。

     

    今後とも先生、皆様、どうぞよろしくお願い致します。

  • 匿名希望(女性)さま

    発音指導士を取得して初めての研究会参加でした。

    当日は中西さんのお話4割、ほかの発音指導士たちとのインタラクティブなお話(自己紹介もあったため)6割のような時間配分になっていたように思います。

    中西さんが用意してくださった発音のお話は、「言われてみれば指導に迷う音」であり、自分では疑問にすら思わなかったことだったので、改めて考えるきっかけとなり面白かったです。

    また、他の参加者にも話を振りながらのお話だったので、2時間という時間があっという間でした。

  • 匿名希望(会社員 47歳)さま

    初めての方々との交流や、発音を活かした実際の仕事内容などを伺う事ができたという点で、有意義な時間を過ごせたと感じました。又、中西先生がお話上手なので、楽しく講演を聞けたとも感じました。

    個人的には、今後発音指導に関わる仕事にどう従事していけるかが課題だと感じでおります。

  • 天野 潔さま

    5月26日の研究会に参加させていただきましたが、今回は中西先生の長年の経験の中での具体的な発音指導法についての情報を数多く教えていただくことが出来、私にとっては非常に貴重な機会でした。本格的に英語の発音を教えているところすらまだ少ない国内の状況で、発音の指導法を教えてもらえる機会は非常に稀有なものだと思います。
    発音の指導に、指導者の英語の発音が良いことは絶対条件ですが、指導するにはそれ以外に指導のスキルを必要とします。
    指導者の発音がよくても発音指導がうまくいくと限らないのは、ネイティブスピーカーが日本人の発音の悪いところは指摘できても、どのようにすれば発音がよくなるかを教えることができないことが多いことを見ても明らかです。
    発音の学ぶ人のレベルというのは千差万別であり、教えるためのスキルというのは膨大なものがあり、限られた経験の中でそれを身に付けるというのは簡単なことではないと思います。
    それを今回のように豊富な経験を公開していただけるのは本当に貴重な機会であると思います。
    ごく一部ではありますが、私が今回感じたのは以下の点です。

    1. 英語としては別の発音であっても、間違えて問題が発生する頻度が高くないものは教えても効果が薄い
    (例)earとyearの違い
    2. 音声学の知識は学習者には必要なくとも指導者には必要
    (例)ネイティブスピーカーも音声学は全く勉強したことがない人が大半なので、間違った発音を正そうとしても具体的にどう違うかが説明できない。
    3. 発音の指導には体系立てられたよい教材が必要

    中西先生のご指導は今後も機会があればお願いしたいのですが、それだけではなく発音指導士同志の相互情報共有も今後増加していくことを期待しております。

  • 堤 里菜さま

    先日の研究会にて、大変お世話になりました。
    ありがとうございました。
    私の感想としましては、独学で勉強したぼんやりとした浅い知識を、中西さんのメリハリのあるご説明で、何がポイントかを浮き彫りにして下さる為、本当に勉強になりました。
    帰宅してから復習すると、納得感があり、ようやく自分の身になるのを感じられるので、貴重な機会だと思っております。
    更に、研究会ということで、英語を教えている経験豊かな経験者からの提案、意見、質問により、発音指導をする為の引き出しを増やす参考にもなりました。
    多方面でご活躍されている英語発音士がもっと参加して、実際にあった問題点、そしてその解決法やクライアントへのアプローチ法をお伺いできたら、更に有意義な時間になるのではないかと期待しています。

  • ゴーン恵美さま

    先日、待ちに待った初めての研究会に参加させていただきました。
    まだまだ力不足の私にとっては、とても、とても有意義なもので、すでに次の研究会を楽しみにしながら長崎へ戻りました。
    発音に関しましては、この数年間、数か所でお勉強をさせていただきましたが、その理由は、論理的に指導ができたらと考えていたからです。
    ところが、私自身が指導する側に立ち、一生懸命自分の言葉を探しながら、口を見て真似をするようにと導く自分自身に、どうしたものかと考えだしました。
    そこで、EPTがある事を知り挑戦を致しましたが、私が求めていたものは、発音力を測っていただくことだけではなくその後に続く何かでした。
    そこで研究会のご案内を頂いた時には、これだと思いすぐに申し込みをさせていただいた次第です。
    中西先生のご説明には、なるほどと納得し、頭の中を整理整頓していただいた感がございます。
    同時に、何度も何度も耳にしないと確実に自分ものにならない気がしております。
    自分の限りある力を限りなきものにして、更に引き延ばすには、生き生きと導いてくださる指導者、そして、同じ学びに喜びを感じる仲間が必要だと感じております。
    キャリアばかりが長く、お恥ずかしくもありますが、恥をかきながらも是非皆さまと一緒に、学んで参りたいと思います。